クレジットカードキャッシングとは?利用方法や返済など仕組みを解説!

この記事でわかること

・クレジットカードキャッシングとはなにか?
・キャッシングとカードローンの違い
・キャッシング枠について
・金利と返済方法
・今すぐお金を借りられるのか?

クレジットカードキャッシングを利用することで、ATMから現金を引き出すことが可能です。クレジットカードのキャッシング枠を設定していなくても、後から申込みできます。

そもそもクレジットカードのキャッシングとはなにか、カードローンとの違いがわからない人も多いでしょう。

そこで今回は、クレジットカードキャッシングの使い方や金利、返済方法、即日融資などについて詳しく解説します。

  1. クレジットカードキャッシングのメリットとデメリット
    1. クレジットカードキャッシングのメリット
    2. クレジットカードキャッシングのデメリット
  2. クレジットカードキャッシングとは?
    1. クレジットカードキャッシングとカードローンの違い
    2. クレジットカードキャッシングは学生の利用も可能
  3. クレジットカードキャッシング枠とは?
    1. クレジットカードのキャッシング枠は審査が必要
    2. クレジットカードキャッシング枠は総量規制の対象
    3. クレジットカードのキャッシング枠は後から増やせる
    4. クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に左右される
    5. クレジットカードキャッシング枠の確認方法
  4. クレジットカードのキャッシングは金利が発生する!
    1. クレジットカードキャッシングの金利は返済延滞に注意!
    2. クレジットカードキャッシングの金利はリボ払いが一番高い
  5. クレジットカードのキャッシングの返済方法
    1. クレジットカードのキャッシングはatmの返済方法が便利
      1. クレジットカードキャッシングのリボ払いの返済方法
    2. クレジットカードキャッシングの返済は後からリボ払いに変更可能
  6. クレジットカードのキャッシング方法は?お借入から返済までの流れ
    1. クレジットカードキャッシングでお金を借りてから返済までの流れ
      1. クレジットカードキャッシングの借入れ方法
      2. クレジットカードキャッシングの返済方法
    2. クレジットカードのキャッシングはコンビニatmが便利
    3. クレジットカードキャッシングは海外でも使える
  7. クレジットカードキャッシングとカードローンどっちがいい?
    1. クレジットカードキャッシングがおすすめの人

クレジットカードキャッシングのメリットとデメリット

クレジットカードキャッシングはカードローンと違い「利用しやすい」ことで有名ですが、デメリットな部分もいくつかあります。クレジットカードキャッシングを利用する前に、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

クレジットカードキャッシングのメリット

・キャッシング枠のあるクレカ保有なら即日融資も可能
・キャッシング枠がすでにあれば審査不要ですぐお金を借りられる
・コンビニatm利用なら全国どこでも今すぐに借りられる
・キャッシング枠内なら何度でも現金を借入れできる
・お金を借りるのに担保や保証人なし
・カードローンに比べお金の借入れがバレにくい

すでにキャッシング枠のあるクレジットカードを保有していると、審査不要で今すぐお金が借りられます。

またカードローンと違って、自動契約機へ出向いた申込みや契約書類などの郵便物が自宅に届く心配がありません。クレジットカードは一般的にショッピングの際に利用するケースが多いため、周囲もお金を借りていると認識するのが低いでしょう。

クレジットカードキャッシングのデメリット

・クレジットカードショッピングより手数料が高い
・マイルなどクレジットカードのポイントが貯まらない
・不正利用されたときの補償に弱い

クレジットカードキャッシングは1回使った時点で金利が発生します。ショッピングは2回払いまで手数料無料が多いため、返済総額で比較するとクレジットキャッシングはデメリットが大きいです。

また、クレジットカードの利用でポイントを貯めている人は、キャッシングを利用してもポイントが加算されません。節約のために利用している人には不向きです。

クレジットカードキャッシングとは?

クレジットカードキャッシングとは、クレジットカードからお金を借りるという意味です。

クレジットカードといえば、一般的に買い物する際に現金の代わりにクレカを使って1回払いなどで支払います。流れとして「クレジットカード会社が利用者に代わり立替え、1~2ヶ月後に利用者がカード会社へ支払う」で、買い物(ショッピング)の際に利用する方法です。

一方、クレジットカードキャッシングは、クレジットカードのサービスの一つで現金が必要なときに利用するサービスです。カード会社が提携するATMでカードがあればいつでも引き出せます。クレジットカードのショッピングと違い、現金を借りられるためすぐに現金が必要なときなど便利です。

※表
キャッシング ショッピング
目的 現金を借りられる 買い物代金を立替えてもらえる
利用方法 提携ATMから出金 会計時にクレジットカードを提示

クレジットカードキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードキャッシングとカードローンは、どちらも「お金を借りる」という部分は同じですが、利用方法は大きく異なります。

※表
クレジットキャッシング カードローン
申込み審査 一部なし
※カードにキャッシング機能付帯なら不要 あり
※申込みごと
年会費 一部あり
※クレジットカードによる なし
利用方法 ・提携ATMから引き出し
・海外での利用も可能 提携ATMや店舗から借りる
利用限度額(相場) 10~100万円 10~800万円
金利 15.0~18.0% 1.9%~18.0%
返済場所 ・口座引き落とし
※状況によりatmや銀行振込 ・インターネット
・口座引き落とし
・銀行振込
・提携atm
・店頭窓口
返済回数 基本は1回払い 一回払いまたは分割

クレジットカードキャッシングとカードローンの大きな違いは「利用限度額」と「返済方法・回数」「金利」です。カードローンと違い、クレジットカードキャッシングは、基本的に利用した翌月1回払で口座引き落としです。

利用額によって返済が苦しくなるときは、リボ払い(分割)も利用できます。クレジットカードキャッシングは海外でも利用できるケースが多いため、海外旅行などで現金が必要になったときに便利です。

クレジットカードキャッシングは学生の利用も可能

学生でも、クレジットカードキャッシングは利用可能です。利用するにはいくつか条件があるので、確認しておきましょう。

※表
今すぐお金を借りたい人 保有カードにキャッシング枠がある
これからクレカを作る人 ・安定した収入がある(アルバイトなど)
・申込み条件をクリアしている(20歳以上など)

すでにクレジットカードを持っていて、キャッシング枠が設定されているなら提携ATMから今すぐお金を借りることが可能です。キャッシング枠がない場合は、カード会社へ申込みをしなくてはいけません。利用できるまで数日かかるため、今すぐは難しいでしょう。

これからクレジットカードを申し込むなら「身分証明書、自分名義の銀行口座、銀行口座の届出印、親権者の同意書(未成年のみ)」を用意しておくとスムーズです。

クレジットカードキャッシング枠とは?

クレジットカードを申し込むとき、キャッシング枠とショッピング枠を設定しなくてはいけません。キャッシング枠はカード会社から現金を借りられる限度額、ショッピング枠は買い物代金を立替えてもらう限度額です。

例えば、キャッシング枠を30万円に設定しているなら、毎月上限30万円までしかクレジットカードキャッシングができません。同じく、キャッシング枠を30万円に設定しているなら毎月上限を超えて借りられないので、2つの枠の設定枠は少し慎重に考える必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠は審査が必要

クレジットカードを申し込むときに審査を受ける必要がありますが、キャッシング枠を設定していると少しチェックが厳しいです。ショッピング枠と違いキャッシング枠は現金を借りるため、勤務先や年収、過去と現在の借入額などを点数化し、返済能力の有無や限度額を設定していきます。

キャッシング枠の申込みをこれからする人は、状況によりスムーズに審査が通らない可能性もあります。

クレジットカードキャッシング枠は総量規制の対象

クレジットカードのキャッシングも貸金業者からの貸付けになるため、総量規制の対象です。総量規制とは、年収3分の1までしか貸せない・借りられないという法律で、貸し倒れや多重債務者のトラブルを回避した法的処置です。

50万円以上でキャッシング枠を申し込むときは、源泉徴収票や所得証明書など収入証明書類の提出が必要なので、手続きと審査に時間がかかってしまいます。審査結果を早く知りたい、早くキャッシング枠を利用したいなら、初めから高額設定しないことです。

クレジットカードのキャッシング枠は後から増やせる

クレジットカードのキャッシング枠では足りないときなど、必要に応じて後から増やすことが可能です。申込みはインターネットからでもできますが、50万円以上の増額は必要書類や審査時間に手間がかかるので30~40万円程度まで増やすのがおすすめです。

キャッシング枠の増額とは逆に、0円にすることも可能です。キャッシング枠を設定していると、クレジットカードを落としたときに不正出金されるケースも多く、心配なときは限度額を減らすことも考えてみましょう。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に左右される

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠を設定できますが、カード会社によって総利用枠(総枠)を設けているケースもあります。

総利用枠とはクレジットカード1枚で使える金額「キャッシング枠+ショッピング枠」です。2つの枠は別々ではなく、実は「ショッピング枠の中にキャッシング枠がある」という構造なので、どちらか一方を使うともう片方の枠に影響します。

わかりやすいように、一例をご紹介します。

【例】ショッピング枠50万円(うちキャッシング枠20万円)
※表
使用枠と金額 ショッピング利用限度額 キャッシング利用限度額
40万円のショッピング 10万円 10万円
10万円のキャッシング 40万円 10万円

ショッピング枠とキャッシング枠の使った額によって、片方の限度額が減ってしまうため使いすぎには気をつけなくてはいけません。クレジットカードのキャッシング枠をほとんど使わない人が急に利用しようとしたとき、限度額ギリギリでカード払いをするとキャッシングできない可能性が高いです。

クレジットカードキャッシング枠の確認方法

クレジットカードのキャッシング枠を確認するときは、契約書類かWEB会員ページで確認できます。

キャッシング枠が0円でない場合、限度額までお金を今すぐ借りることが可能です。逆にキャッシング枠が0円の場合、申し込みしないとお金を借りることができません。

キャッシング枠を確認する際、一緒にショッピング枠のリボ払いやキャッシング枠の海外キャッシングの利用枠も確認しておくと、万が一にどれくらい利用できるかわかり安心です。

クレジットカードのキャッシングは金利が発生する!

クレジットカードキャッシングは、カード会社からお金を借りるため金利が発生します。金利相場は100万円未満で18%、100万円以上で15%が多く、借入額によって大きく異なります。

また、法律では10万円未満の貸付けの上限金利は20%としているため、クレジットカード会社によって金利が高い場合もあるので気をつけましょう。

クレジットカードキャッシングの金利は返済延滞に注意!

クレジットカードキャッシングの返済は、基本的に翌月1回払いです。期日までに支払いができなければ、延滞損害金が年率20%で発生するので、返済額が大きくなる可能性があります。

とくにクレジットカードキャッシングはカード払いとは違い、借入金額に応じて金利が細かく設定されていません。借入額によって返済額も大きくなりがちですが、返済延滞すると苦しみも倍増するので注意が必要です。

クレジットカードキャッシングの金利はリボ払いが一番高い

クレジットカードキャッシングは、返済を翌日1回のほかリボ払いも選択できます。リボ払いは借りたお金を、毎月一定額にして返済できる便利なサービスです。ただ、一方で「利息が膨らむ」といったデメリットもあります。

例えば5万円を18.0%でキャッシングし、毎月1万円ずつ返済する場合、返済総額は「52,212円」です。同じ状況で一括払いした返済総額は50,715円なので、リボ払いするとトータル利息「1,497円」損します。

一括でクレジットカードのキャッシングの返済ができるなら、絶対にリボ払いにしないことです。

クレジットカードのキャッシングの返済方法

クレジットカードのキャッシングの返済方法は「一括払い」「残高スライド方式」「リボ払い」のいずれかが基本です。返済方法別に特徴とメリット・デメリットを確認していきましょう。

※表
返済方法 特徴
一括払い ・借りたお金を一度に返済
・利息を一番抑えた返済方法
・借入額によって一度に全額返済は大変
残高スライド方式 ・締日の利用残高で支払額が変わる
・月々の返済額が抑えられる
・長期的な返済が必要
リボ払い ・毎月一定額で返済
・家計に影響せず返済できる
・利息が一番膨らみやすい返済方法

利息のことを考えるなら一括返済、生活のことを考えるなら残高スライド方式かリボ払いです。

クレジットカードキャッシングの多くは、一括払いかリボ払いのいずれかなので、生活状況と利用額に合わせて選ぶと失敗しません。

クレジットカードのキャッシングはatmの返済方法が便利

クレジットカードキャッシングの返済は、基本的に口座引き落としです。カード会社が定める日に、毎月指定口座から引き落としされます。リボ払いでクレジットカードキャッシングを利用しているなら、atmからの返済が便利です。

リボ払いも基本的に銀行引き落としですが、ボーナスや臨時収入により一括で返済したいケースもあるでしょう。返済を一度にできるなら、リボ払いをこのまま続けるより、繰り上げ返済した方が利息を減らせてメリットが高いです。

クレジットカードキャッシングのリボ払いの返済方法

繰り上げ返済はリボ払いをしているクレジットカード会社へ連絡と申込みが必要です。返済方法の流れは、次の手順でおこなえます。

クレジットカード会社へ連絡(申込み)する
振込日と繰り上げ返済する額を伝える
返済する振込先の確認
指定口座へ返済額を入金

クレジットカードキャッシングの返済はatmから利用できるので、カード会社へ申込みするだけで済みます。

クレジットカードキャッシングの返済は後からリボ払いに変更可能

クレジットカードキャッシングの返済を一括払いで選択しても、後からリボ払いに変更できます。カードローンのほとんどは、後から分割払いへ変更できないので利用しやすいといえます。

ただし、クレジットカードキャッシングをリボ払いにすると、返済期間に応じて利息が膨らむので注意が必要です。ムリのない範囲で返済するのが一番ですが、利息計算もしてどの方法がいいのか考えることも大切です。

クレジットカードのキャッシング方法は?お借入から返済までの流れ

クレジットカードのキャッシング方法は、提携ATMやカード会社が提携するキャッシュディスペンサー(CD:現金自動預払機)でお金を借りることが可能です。

クレジットカードにキャッシング枠がついているなら、今すぐ現金を引き出すことができるので、まずはお金を借りる方法と返済までの流れなどを確認しましょう。

クレジットカードキャッシングでお金を借りてから返済までの流れ

クレジットカードでキャッシングする場合、次の手順で借入れと返済ができます。

クレジットカードキャッシングの借入れ方法

提携ATM(CD)の画面「お引き出し」を押す
クレジットカードを差し込む
暗証番号を入力
「借入れ」を押す
返済方法を選ぶ(1回払い、またはリボ払い)
借りる金額を押す
現金とクレジットカードを受け取り完了

ATMやCDによって利用時間や1回の操作につき上限50万円までなど異なります。また、お金を引き出すときに、1回の利用金額によって手数料も発生します。

1万円以下 100円(税別)
1万円以上 200円(税別)
※JCBクレジットカードキャッシングの場合

クレジットカードキャッシングの返済方法

クレジットカードキャッシングは、返済方法によって流れが異なります。

※表
返済方法 返済の流れ
口座引き落とし カード会社が定める日に指定口座から引き落とし
インターネット返済 会員ページへログイン
「インターネット返済」を選択
ネットバンクと返済額を入力して完了
提携atm 「お預け入れ」を選択
クレジットカードを挿入口へ入れる
暗証番号を押す
利用サービスの返済方法を選択(リボ/一括)
返済金額の入力
返済金額を入金後、カードと明細書を受け取る
※提携atmによって操作内容に若干の違いがあります。

一部のカード会社は、コンビニコや銀行atmから返済できません。JCBやニコスカード、オリコカード、楽天カードなどのクレジットカードキャッシングは、提携atmで返済可能です。

クレジットカードのキャッシングはコンビニatmが便利

クレジットカードキャッシングで今すぐお金を借りるなら、コンビニatmが使いやすいです。コンビニatmが利用できると、カード会社が提携する金融機関のATMや会社のCDと違い24時間利用でき便利です。(メンテナンス時間除く)

早朝や20時以降など夜遅くでもクレジットカードキャッシングができるので、出張先や旅行中など、現金が必要になったときに助かります。

クレジットカードキャッシングは海外でも使える

クレジットカードキャッシングが海外でも利用可能なら、旅行先などで現地通貨が借りられます。海外へ行くとき、通常は日本円を現地通貨に両替して持ち歩きます。

どれくらいお金が必要なのか、また両替するために日本円を持って海外を歩くのは大変危険です。海外キャッシングが利用できるなら、危険を伴わず現地で過ごせ安心です。

クレジットカードキャッシングが海外で利用できるかは、契約書類かインターネットの会員ページで確認できます。「海外キャッシング」の部分に金額が設定されているなら、海外のATMでいつでも現金が引き出せます。

クレジットカードキャッシングとカードローンどっちがいい?

お金が借りられるのは、クレジットカードキャッシングだけではありません。消費者金融や銀行カードローンでも似たような環境で利用できるのですが、どちらがいいのか比較表でまずは確認していきましょう。

銀行カードローン 消費者金融 クレジットカードキャッシング
審査時間 1営業日~ 最短30分 1営業日~
即日融資 不可 可能 不可
総量規制 対象外 対象 対象
限度額 最高1200万円 最高800万円 収入による
※平均相場100万円
利用方法 口座振込、コンビニatmなど 口座振込、コンビニatmなど 口座振込、コンビニatmなど
申込み方法 Web、電話、郵送、店舗 Web、電話、郵送、店舗 Web、電話、郵送
Web完結 可能 可能 可能

どのサービスもWeb完結可能ですが、利用限度額や即日融資が異なります。まとまったお金を借りたいなら銀行カードローンが便利ですが、今すぐ現金を入手することは難しいです。

キャッシング枠を設定したクレジットカードを持っているなら、今すぐお金を借りられます。もし新しくクレジットカードを作る、キャッシング枠の申込みをするなら、消費者金融の方が即日お金を借りることができて便利でしょう。

クレジットカードキャッシングがおすすめの人

クレジットカードにキャッシング枠があるなら、今すぐお金を借りることが可能です。それ以外は、申込みが必要となりすぐに現金を出金できません。ただし、銀行カードローンや消費者金融と違い利用のしやすい部分が多いため、次のような人におすすめです。

・カードローンの申込みに抵抗がある人
・申込みの手間を省きたい人
・少額を今すぐ借りたい人

クレジットカードのキャッシング枠があると、好きな時間に限度額内まで好きな額を出金できます。また、海外キャッシングに対応していると、現地通貨を両替せずに借りられるのもおすすめポイントのひとつです。

お金を借りる方法をもっと知りたい方はコチラ
⇒今すぐお金を借りる方法全まとめ※即日に資金調達する!

タイトルとURLをコピーしました